SOLIDWORKSでDXF/DWGの図面を読み込んでテンプレートを作成

Auto CADなど2次元CADで使われているDXFやDWGファイルの図面枠をSOLIDWORKSの図面枠に変更します
一発で読み込めるとよいのですが、手順を踏んで変換していく必要があるようです。

初めにAuto CADなど2次元図面のファイルDXF/DWGを準備してください。

1.SOLIDWORKSでDXF/DWGを読み込みます。
 「ファイル」→「開く」
 変換したい図面枠を選択して
 「開く」をクリックしてください

2.ファイルを読み込むとインポート用の画面が表示されるので右側の絵のように選択して「次へ」をクリックしてください

3.この画面では読み込むレイヤーを選択します。
不要なレイヤーがある場合はチェックを外して読み込まないようにしてください

4.この画面で注意が必要なのが、データーの単位です。
読み込む図面と同じ単位になるよう設定してください

用紙サイズも選択している図面枠に合わせて選択してください

設定が完了したら「完了」をクリックしてください

4.読み込むとこんな画面になると思います

この状態でテンプレートと保存しても簡易的に使うことはできますが今回はしっかりと設定してみましょう。

5.位置合わせを後のほうで行うのでその基準を作っていきます

点のコマンドを使って図面の何もないところに1つ点を書いてください

その時に右の絵のように座用を入力する箇所があるので0,0を入力してください基準になります。

そのあとに「Ctrl」+「A」で図面を全選択して

次に 「Ctrl」+「X」 で図面を切り取ってください

そしてシートフォーマット編集モードに入ってください。入り方は図面の何もない上で右クリックして、メニューが表示されるので「シートフォーマット編集」を選択してください

6.編集モードに入ったら 「Ctrl」+「V」で先ほど切り取った図面を貼り付けてください。

貼り付けだけでは、位置がでたらめのため、適正な位置になるよう調整していきます

7.先ほどの操作でもありましたが点を0,0に追加してください。その時拘束関係追加で固定を選択しておいてください

8.次に図面を動かしていきます。

「エンティティの移動」をクリックしてください

パラメーターは始点/終点にしてください
そして 「Ctrl」+「A」で全選択してください
その時に先ほど固定した点を選択から外してください(外さないと図面が動かせません)
始点:の点を選択します。選択するのは初めの基準の点を選択して、先ほど固定した点までドラックしてください。自動で0,0に合致が付くと思います

9.これで図面位置の修正は完了です

シートフォーマット編集のモードを終了してください
次にテンプレートとして使うために各種設定を行います

「ファイル」→「ページレイアウトの設定」で印刷設定

「ツール」→「オプション」で図面の文字サイズなどを設定してください

これで、テンプレートが完成したので、ファイルを保存します
保存方法は「ファイル」→「指定保存」そしてファイルの種類を「図面テンプレート」を選択して保存してください

そして図面シートフォーマットも同時に保存します
保存の仕方は「ファイル」→「図面シートフォーマットの保存」で図面テンプレートと同じファイル名で保存してください

これで、すべての操作が完了しました。