【机の上に浮かぶ熱帯魚】 空中ディスプレー

『机の上の空中に、熱帯魚が泳いでたら癒されるな~』

今回はそんな実験にトライをしてみました。

今回作るのは、【空中ディスプレイ】です。

1.特殊な光学プレート

空中に映像を映すために必要になるのが 特殊な光学プレート。
現在は3社程が有名で、これらは一部、実際の市場で設置されています。

  1. (株)アスカネットの「ASKA 3D」
  2. (株)パリティイ・ノベーションズの「パリティミラー」
  3. 日本カーバイト工業(株)の「空中ディスプレイ用リフレクター」

いずれも半透明のプレートで、構造上の違いはあれ、同じように空間で画像が結像されます。
今回は ❷ の「パリティミラー」を使用します。

2.空中に浮かぶ仕組み

簡単に表現すると、こうなります。

『光源からの光を 光学プレートに 2回反射させることで、空中に映像が結像する』

<再帰反射>と言うそうですが、各社の違いは反射のさせ方の違いのようです。

3.実際に作ってみました

Solidworks で設計を行い、3Dプリンター で筐体を作成、作っものがこれです。

光源として、液晶やLEDの代わりに、後ろにスマホを載せます。

4.確かに浮いています・・・

スマホの画面が浮かんで見えています。

空間に浮かぶ画像は、正面からしか見えず、横からは見えません。
そのため正面写真では、浮遊感が伝わりにくい絵となっています。

今回は、『熱帯魚を泳がす』予定でしたが、結果的に浮遊の確認だけになりました。

詳しい内容や製作プロセスは、こちらのブログに記載しましたので、興味があればご覧ください。
→→→製作プロセスはこちら