眼鏡レンズの検査装置【機構設計・試作】

レンズを保持して5軸動作ができるものを設計しました。

メガネレンズの度数等を計る検査装置です。
セットされたメガネ、またはレンズを、5軸方向、自由に動かすことでレンズカット後のスペックを計ります。
光学機器メーカー様の依頼で、初期の構想から設計、試作を設計を繰り返しながら量産へ向けた対応を行いました。
通常は下駄箱ほどの大きさのものを卓上のサイズに小型化するため、強固なアルミフレームに高精度なモーターやセンサーでコンパクト化を図っています。
3Dモデリング、機構設計、筐体設計、歯車設計、金属切削、樹脂試作、板金試作、軸、バネの試作、など対応可能です。

※5軸:前後、左右、上下、X軸回転、Y軸回転  レンズは球面のため、測定物を球状に移動することで、レンズ面のどこでも測定が可能となります。