フェイスシールドの無償提供をおこないました。_その2

カテゴリ: その他

3Dプリンタによるファイスガード無償提供の続編です。
提供のきっかけは、コロナ禍で医療物資の不足する医療機関に対し弊社も何かできないかと思っていたところ、2月にイタリアのニュースで人工呼吸器の部品を3Dプリンタで製作したいうニュースを見たからでした。


3月に日本でも同様の呼びかけがあり、弊社も3Dプリンタでサンプルを製作して提出しましたが、残念ながらNG。
精度がよくないようです。(写真左上のものがサンプルです)

弊社に3Dプリンタは2台ありますが、いずれも50万以下の汎用タイプ、この案件はもう少し工業製品向けの高精度の3Dプリンタにお任せすることにしました。
代わりとなったのが、このフェイスガード。 こちらも海外でいくつか情報があり、まずはそのデータを使って1個目を製作したのが4月の初めでした。

いくつか問題があったので、それを自社で改善して本格的に製作し始めたのが4月10日ごろです。 そして4月中に100個の製作を目標にプリントを始めました。  その後、2台の3Dプリンタを昼夜動かして、何とか4月中に愛知県へ50個、5月の連休前にに名古屋市立大学民病院へ50個の提供をすることができました。

今考えると、トヨタや日産がなどの自動車メーカーがフェイスガード製作を発表しましたが、弊社の提供はそれよりも早かったようです。
写真の眼鏡とマスクをかけた方は、愛知県の緊急医療物資チームの方です。
同様に名古屋の市大病院へも、5月の連休明けに50個を提供させて頂きました。
こちらは残念ながら写真撮影はNGとのことで、受領書と礼状が後ほど送られてきました。

 

#3Dプリンタ #CAD #solidworks #rhinoceros #コロナ #フェイスシールド #フェイスガード #医療機関 #モデリング  #筐体設計 #機構設計

所在地

〒468-0015
愛知県名古屋市天白区
原3丁目304-1
地下鉄鶴舞線 原駅から徒歩8分

052-804-9811

お問い合わせ

PageTop