ニュース

クリーンゲート販売開始

カテゴリ: サービス

15秒で全身除菌できるクリーンゲートの取り扱いを開始しました。

zortrax Z-GLASSフィラメント

カテゴリ: 3Dプリンター

zortrax Z-GLASSフィラメントで試作できるようになりました

透明材なので、ランプシェードかな

フェイスシールドの無償提供をおこないました。_その2

カテゴリ: その他

3Dプリンタによるファイスガード無償提供の続編です。
提供のきっかけは、コロナ禍で医療物資の不足する医療機関に対し弊社も何かできないかと思っていたところ、2月にイタリアのニュースで人工呼吸器の部品を3Dプリンタで製作したいうニュースを見たからでした。


3月に日本でも同様の呼びかけがあり、弊社も3Dプリンタでサンプルを製作して提出しましたが、残念ながらNG。
精度がよくないようです。(写真左上のものがサンプルです)

弊社に3Dプリンタは2台ありますが、いずれも50万以下の汎用タイプ、この案件はもう少し工業製品向けの高精度の3Dプリンタにお任せすることにしました。
代わりとなったのが、このフェイスガード。 こちらも海外でいくつか情報があり、まずはそのデータを使って1個目を製作したのが4月の初めでした。

いくつか問題があったので、それを自社で改善して本格的に製作し始めたのが4月10日ごろです。 そして4月中に100個の製作を目標にプリントを始めました。  その後、2台の3Dプリンタを昼夜動かして、何とか4月中に愛知県へ50個、5月の連休前にに名古屋市立大学民病院へ50個の提供をすることができました。

今考えると、トヨタや日産がなどの自動車メーカーがフェイスガード製作を発表しましたが、弊社の提供はそれよりも早かったようです。
写真の眼鏡とマスクをかけた方は、愛知県の緊急医療物資チームの方です。
同様に名古屋の市大病院へも、5月の連休明けに50個を提供させて頂きました。
こちらは残念ながら写真撮影はNGとのことで、受領書と礼状が後ほど送られてきました。

 

#3Dプリンタ #CAD #solidworks #rhinoceros #コロナ #フェイスシールド #フェイスガード #医療機関 #モデリング  #筐体設計 #機構設計

フェイスシールドの無償提供をおこないました。_その1

カテゴリ: 3Dプリンター

3Dプリンタでフェイスシールドを作り、愛知県に50個、名古屋市に50個、合計100個のフェイスガードの無償提供をおこないました。
フェイスシールドのデータは初め、海外のサイトからダウンロードしたもの使い1つ製作しました。しかし頭に装着したときに不安定であったり、シールド部の取付けや加工に手間がかかったりしたため、弊社でデータを作り直て改善を行いました。

 

愛知県の提供窓口は、愛知県経済産業局産業部 新型コロナ医療物資調達チームで、県庁の1Fにあります。

名古屋市へは知人が務める名古屋市立大学病院へ直接提供させていただきました。 そのため看護師さんからの生の声を聴くことができました。
それによると弊社提供のフェイスガードは、他社に比較して幅広で動いてもずれにくいこと、シールド部が顔から離れているためゴーグル装着時でも使用できることなど、たいへんうれしい評価を頂きました。
追加のご要望を頂いたのですが、幅広に変更したこともあり、1つ製作するのに4時間の造形が必要になります。
あくまでも緊急の物資であることと、シールド部となるプラ板が品切れ状態で入手ができないことなどが理由で、申し訳ないのですがお断りを致しました。

 

#3Dプリンタ #CAD #solidworks #rhinoceros #コロナ #フェイスシールド #フェイスガード #医療機関 #モデリング  #筐体設計 #機構設計

コロナ対策グッズを3Dプリンターで製作(フック)

カテゴリ: 3Dプリンター

コロナウイルスで消毒液のポンプを押す部分やドアノブなどを触るときに不安を感じたので3Dプリンターで直接触らなくてもよいグッズを作ってみました

消毒用ポンプを押しやすいように王冠のような形にしてグリップも滑らないように凹凸をつけてみました

反対側はフックで扉を開けるときにドアノブを触らなくても開けられるようにしました。

3Dプリンターでマスクフック製作

カテゴリ: 3Dプリンター

コロナウィルスでマスクをする機会が増えて、マスクのゴムで耳が痛くなるので3Dプリンターでマスクのゴムを止めるグッズを作ってみました

ゴムが簡単に外れないように返しをつけてみました。

干支の時計をつくってみました_その2

カテゴリ: 3Dプリンター

干支の時計の裏側です。

歯車の数は、大小合わせて18個ほどです。 時針、分針、秒針は連動しますが、この程度の歯車数だと、かなり誤差が大きいです。

一番下の黒いギヤに錘の重力が加わり、ギヤに回転力が生まれます。 この回転力が順に伝わり中央のガンギ歯車を経て一番上のひげゼンマイ(見にくいですが、赤い渦巻状のばね)に伸縮動作を与えます。

ひげゼンマイは時計の大変重要な部品で、この伸縮周期がその時計の1秒となります。  機械式時計の場合、ひげゼンマイは鋼製のうずまきバネを熱処理することで1秒を正確に刻みますが、今回は3Dプリントした樹脂性のため、かなり短い周期となり時計としては不正確となっています。

 

#3Dプリンタ #CAD #solidworks #rhinoceros #ギヤ #筐体設計 #機構設計 #モデリング #リンク機構

干支の時計をつくってみました_その1

カテゴリ: 3Dプリンター

今年は子年。干支の時計を3Dプリンタで作ってみました。 時計の肝となるひげゼンマイも樹脂でプリントしています。そのためほとんどの部品が弊社の3Dプリンタで作られています。
時計の動力としては、電池やゼンマイのバネ力ではなく、錘の重力を利用しています。
円筒の筒に砂を入れることで錘とし、錘と最終ギヤを糸で結ぶことで錘の落下エネルギをギヤの回転に変える重力式の時計です。
歯車の数は大小20個ほどのため、時針、分針、秒針の関係は連動しますが、必ずしも正確ではありません。
錘を垂らすと実際に3針とも動きます。
3Dプリンタでプリントしたギヤのため、当然ながら歯車の伝達ロスが大きく、動かすのにはかなり砂を多めに入れて錘を重くする必要があります。
そのため現状では30分ほどで落下ストロークが尽きてしまい、まだまだ飾りのレベルです。
錘を動力にするのであれば、歯車もインボリュートタイプではなくサイクロイド曲線を使った歯車にしたり、材質を金属に変えて摺動ロスを減らすなど、全面的な見直しが必要です。
時計の肝となるひげゼンマイは、厚み0.8mmで12段巻きのため、樹脂製であっても伸縮動作をしています。
その伸縮動作をガンギ歯車に伝えて秒針を回し、分針、時針と連動されて、最終ギヤから錘とつながります。

 

#3Dプリンタ #CAD #solidworks #rhinoceros #ギヤ #筐体設計 #機構設計 #モデリング #リンク機構

  • 1

所在地

〒468-0015
愛知県名古屋市天白区
原3丁目304-1
地下鉄鶴舞線 原駅から徒歩8分

052-804-9811

お問い合わせ

PageTop