SOLIDWORKSで簡易ウォームギヤーの書き方

①モデリングに必要な諸元が「モジュール」「条数」「ピッチ」「進み角」「歯先径」の5つの項目が必要になります。

②スケッチで歯先径φ10の円を書き円を押し出します。

③歯形をガイドするスパイラルを作図します
 ・ピッチ直径の円を書きます
 ・続いて「ヘリカルとスパイラル」のコマンドで各数値を入力します。
 ・ピッチについては諸元のリードの値を入力
 ・回転数はウォームの長さによって調整します
 ・開始角度は0°で問題ないと思います
 ・右回り/左回りはウォームのねじれ方向に合わせてください。

④歯形を作図します。
・歯形を作図する面は歯直角に作図するため傾いた基準面を準備します。
・進み角分傾いた面を作ります
・右の図のような進み角分傾いた線を書きます
・次に下の図のような平面を準備します

⑤新しく作った平面に歯形を作図します
・右側の図を参考に1つ分の歯形を作図します
・歯形は少しそりっとより離れた位置に作図してください

⑥「カットスイープ」を使い歯形を作ります
・輪郭は歯形のスケッチを選択
・パスはスパイラルを選択します。

⑦今回のウォームギヤーは条数が2条のため歯形の溝を条数分コピーします。
・円形パターンを使って歯形をコピーします
・角度は「360°÷条数」で今回は180°になります

これで簡易ウォームギヤーの完成です。

前の記事

SOLIDWORKS ギア合致