花粉症対策メガネ

春先になると気になるのが、スギの花粉の飛散情報ですね。 天気予報と同じレベルで注意情報が流れるのは、この日本くらいではないでしょうか。 それもそのはず、今や国民の2人に1人が花粉症とのデータもあります。

花粉症の症状は、主にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、それと目のかゆみ。 最近のマスクは高機能で密閉性も高いため、鼻からの花粉の侵入はある程度防ぐことができます。しかし目は、市販の花粉対策用の眼鏡を掛けでも、どうしても顔との間に隙間が空いてしまい、眼鏡に曇りが出るなど、マスクほどの効果が出ないのではないでしょうか。

そこで弊社は、個人の顔にしっかり密着する花粉症対策メガネを試作してみました。

今回使う眼鏡は、市販されているプラスチックの汎用眼鏡を利用し改善します。 眼鏡が掛かる人の顔は、個人によって目鼻の位置や大きさがそれぞれです。  弊社ではその両者の間に入るアタッチメントを個人専用に作成することで、隙間の無い花粉症対策眼鏡を製作します。

製作の手順は以下です。 
まず個人の顔を3Dスキャナーで読み取ります。  読み取った顔のデータを3次元CADに取り込み、CAD上で市販の眼鏡のデータと合体、隙間を塞ぐアタッチメントのデータを微調整して顔と密着させます。 そのアタッチメントを3Dプリンタでプリントすることで、個人の顔に合わせた隙間の無い花粉症対策メガネを作ります。

今回は Microsoft のハンディスキャナーを使用しました。 少し精度は落ちますが、顔のような凹凸がある面をイメージで捉えるには好都合です。 スキャンしたデータを3次元CADのRihinocerosに取り込みます。 Rihinocerosを使用するのは、顔など自由曲面の修正が容易なことと、3Dスキャナーとの互換に用いるSTL形式のデータと相性が良い為です。
そして顔の造形はZortraxの3Dプリンタを使用して作成、アタッチメントはゴムライクの3Dプリンタで作ることで肌に密着する花粉症対策メガネを作りました。

そして実際に装着してみました。
ゴムライクのアタッチメントでしたが、ゴムの硬度が硬く違和感がありました。 そして隙間については、眼鏡を掛ける位置の違いや、スキャナーデータの精度などで、今回は密着までは出来ませんでした。 まだまだ改良が必要でした。