こんなコンセントはいかがでしょう?「待機電力カット・プッシュ型コンセント」

「待機電力」という言葉を、一度は耳にしたことがあると思います。


家電製品やガス機器などは、使用していなくてもわずかに電力を消費しています。この微小な電力のことを「待機電力」と言います。
一つ一つは微小な電力ですが、それも積み重なるとそれなりに電気代がかかります。 電気料金の値上がりが懸念される昨今は、少しでも節電を心掛けたいものです。

待機電力を減らす手段として、スイッチ付きのテーブルタップを別途購入してコンセントに差し込む方法がありますが、弊社ではコンセント自体がスイッチになる「節電コンセント」を作ってみました。

少しわかりにくいですが、プラグを押し込むことで、コンセント自体が奥側へ入り込み、通電スイッチがONする仕組みです。 手を離せばコンセントは自動で戻ります。
そしてもう一度プラグを押し込めば、こんどはスイッチがOFFします。 通電しているかどうかは、小型のLEDの点灯で見える仕組みです。

プラグを押し込むだけで、スイッチのONとOFFが行えるコンセントです。

こちらも備忘録として製作のプロセスを残しておきます。

3次元CADのSolidworksを使い設計を進めます。コンセントのスライド機構や戻りバネ、奥側の通電スイッチなどを、壁面のスイッチボックスサイズに収めます。 通常のコンセントは2個口ですが、今回は1個口で作ります。

設計が終わると 3Dプリンタで簡易モックを作ってみます。 今回はプラグを人間が押し込むので、感覚的な検証が中心になります。そのため戻しバネを3種類、押し込みストロークを5mmピッチで変えたものを3種類準備し、最適な組み合わせと選びました。
その他、コンセントの移動時にガタツキが大きかったため、ガイド方法を見直してCADデータを修正しました。

修正データを基に、樹脂の切削で試作品を作り、塗装をして完成です。